×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

救急認定看護師

サイトマップ

救急認定看護師

認定看護師とは日本看護協会で行われる学力試験をパスした者に与えられる免許です。一定期間の実務体験や講習会受講などを経て、やっと認定看護師学力試験を受ける事が出来ます。

認定看護師学力試験では技巧や識見などに卓越した者だけが、免許書を授与されるようです。5年ごとに更新学力試験も行われる日本看護協会の認定看護師学力試験は、看護師のエキスパート育成に役立っていると聞きます。

認定看護師資格は様々な分野において最高の看護をする事が出来る根拠の資格と言っても良いでしょう。

認定看護師の看護

認定看護師の看護識見や技巧は大変優れたものがありますから、看護される者も安心して頼ることが出来ると聞きます。

特に不妊などデリケートな課題に取り組んでいる患者には協議能力に優れた認定看護師が良いかもしれません。認定看護師は5年ごとに免許の更新学力試験がありますから、常に高い水準でのケアを受ける事が出来ます。

日本看護協会が認定している認定看護師資格は自分自身のステップアップにもきっと役立つことでしょう。看護協会のHPには救急やホスピスなど様々な現場で活躍する認定看護師の仕事内容などがあるようなので調べてみましょう。

看護師の年収

日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均して593万円くらいになるのです。公務員看護師は給与の上がる割合も民間の病院より高く、福利厚生の面でも充実しているのです。準看護師の場合、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師です。看護師といえば病院とかクリニックを思い浮かべるでしょうが、医務室などを設置している企業もあって、そこで働いている人もいます。仕事の内容や役目は働く会社により、様々ですが、従業員の健康を守って、管理していくのはどの企業でも行う仕事と思ってください。

看護士の求人はいくらでもありますが、望んでいる条件の求人が存在するとは限りません。看護師の資格を持っている方で就職できればいいと思っている方は多くないでしょう。できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤がない場所で働きたいとほとんどの方が思っています。望み通りのところに転職するには、情報収集が重要です。看護師の国家試験に受かることよりも、むしろ、看護学校を卒業することの方が困難という人も多いです。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、試験に落ちるなどのちょっとしたことで留年させられるそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も見事に合格した方には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。看護師の勤務しているところといえば、病院と想像するのが妥当でしょう。

しかしながら、看護師の資格を活かせる職場は、病院以外にも多々あります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の様々なヘルスケアをするのも看護師の務めです。また、福祉施設の中には医師が常駐しているところは少なく、医療行為は看護師が行うことが多いです。看護士を志望する理由は本当にどんなことをきっかけにして看護師を志望するようになったのかを入れたら印象が良くなるはずです。転職の場合の志望動機は今までに身につけたスキルを活かしたい今以上に、人の役に立つ技術を取得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。今までの勤務先についての良くないことは言わないようにしてください。

現代は高齢化が進んで、福祉施設であっても看護師のニーズは増してきているのです。それに、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアをとり行っています。このようなケースは、この会社の正社員として入社することもあるようです。看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊であり、その上に職場によっても違ってきます。仕事場においては一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。2交代制で約3割、3交代制では約7割となっており、3交代制を導入している病院が多いのです。しかし、2交代制の方が休日が多いため、2交代制の方が人気があります。看護師が転職をするにあたっては、将来のことを思い描いて迅速に行動を起こす必要があります。そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくことをお勧めします。

将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報を集めてください。年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。修学旅行やツアーなどに連れ添って、ケガや病気の簡単な処置や病院の手配をする看護師もいます。結婚していて、子供がいたりする人は土日に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を希望しているものです。病院以外の場所で働くのであれば、その職場に適した専門の知識を保有している認定看護師や専門看護師の資格があれば、採用されやすい傾向があります。看護師の資格を取るには、何通りかの道すじがあります。看護師の資格を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、突然、試験を受けることは認められていません。試験を受けさせてもらうためには看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して勉強することが必要だというわけです。

看護師は、16時間などの当直により長い時間の勤務で、勤務中の仮眠が取れます。国の指針により月に8回までと定められていますが、限度を超えてしまうことも多いです。仕事をしている病院の勤務形態では、とても不規則な生活を送るようになったり、疲れが抜けにくかったりするのも、長続きしない看護師が多い理由のひとつだと思われます。看護師の国家試験は、年に1度開催されます。看護師不足が問題となっている日本にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率はおよそ90%とかなり高い水準を保ち続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定の水準をクリアできればパスできる試験です。高校進学時点で衛生看護科に入学すると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。でも、在学中に進路を変更したくなっても進路を変えるのは簡単なことではありません。

さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いことが理由で勉強したり、実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。産業看護師は健康に働けるように従業員に保健の指導などをしたり、うつ病防止のメンタルケアも行います。産業看護師の募集は、一般公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのはほとんど不可能です。興味がある人は看護師専用転職サイトを利用してください。そういうサイトなら、産業看護師の募集も掲載されることが多いです。

行政書士は独学でも大丈夫

「救急認定看護師」について

救急認定看護師は救命技術を実践し、危機状況にある患者・家族の精神面の援助に力強い役割を果たします。認定看護師は「実践」「指導」「相談」の役割を果たす人ですから重要な役割を持っていますね。